HOME医院案内アクセスあかりんごりんご質問箱

歯科用語辞典

みなさんは、歯科医院に治療に行って、「ん?これってどういう意味なんだろう??」なんて思った事はありませんか?歯科医院のスタッフ達が、普段から当たり前のように使っている用語でも、患者様達からすれば、さっぱり意味が解らない言葉だと思います。
そこで、そういった歯科用語の中でも、特に治療中等に良く使われるものを、事典形式にしてみました。
「あの言葉の意味が解らなくて夜も眠れない」なんていう時があれば、是非ご活用下さい。
また、このページに掲載の無いもので、詳しい意味を知りたい歯科用語、歯科医院で耳にした気になる歯科用語等がありましたら、当医院へお問合せ下さい。
クリックすると該当する行の先頭へ移動します。
また、文中の下線付きの青文字をクリックすると、該当の語句や詳細ページに移動します。
  • あ行
  • か行
  • さ行
  • た行
  • な行
  • は行
  • ま行
  • や行
  • ら行
  • わ行
  |    |    |    | 
アーテキュレーター 咬合器のことで、型取りから歯の噛み合わせを再現して製作した装置のこと。
RDA 「Radioactive Dentin Abrasion」の略で、歯磨き粉の研磨性を示す指数。数値が大きいほど着色などの除去効果が高く、反面歯を傷つけやすい。
RDテスト 特殊な薬品を使用して、唾液から虫歯の原因菌の量を調べるテストの事で、15分程度で口腔内の衛生状態をチェック出来る。
ITIインプラント スイスで生まれた日本最大シェアのインプラントシステムで、比較的短期間で治療を終えることが出来る。現在はストローマンインプラントに名称が変更されている。
アタッチメント 入れ歯を安定させる為に、残っている歯に取り付ける装置のこと。または、インプラントの支台部分のこと。
圧下(あっか) 特殊な矯正治療によって、歯を歯槽骨の中に押し込む(埋める)ことで、強い力を長期間かける必要があるため特殊な装置が必要。イントルージョンとも言う。また、反対に歯槽骨から抜け出てくることを挺出(ていしゅつ)と言う。
圧排(あっぱい) 型取りをするときに、歯と歯肉の間に細い糸を入れて歯肉を広げ、歯の周りを精密に型取りできるようにする作業のこと。綺麗なかぶせ物を作るには重要だが、痛みを伴う場合もある。
アップライト 歯列矯正などで、斜めに傾いている歯を真っ直ぐに起こす治療のことで、整直とも言う。歯が抜けたまま放置していて、隣の歯がその隙間に倒れててきてしまった場合や、もともとの歯並びが悪く歯が傾いている場合などに行う。
アパタイト ハイドロキシアパタイトのこと。歯や骨を構成している成分で、リン酸カルシウムで出来ている。
アバット 削った部分が多く、詰め物では埋められない場合に、歯の強度を増す為にかぶせ物の下に立てる土台のこと。コアとも言う。
アバットメント インプラントの構造のひとつで、手術で顎の骨の中に埋め入れたフィクスチャー(インプラント体)と上部構造を連結する土台部分のこと。
アブフラクション 噛み合わせの力が原因の歯質の欠損のことで、上下の歯が強く噛み合うことで歯にたわみが発生し、構造的に脆いエナメル質象牙質の境目付近が欠けてしまう。くさび状欠損の主な原因と考えられている。
アマルガム 15〜20年前まで歯の詰め物によく使われていた歯科材料のひとつで、水銀と銀とすず等を混ぜて作られたもの。短時間で素早く治療を終える事ができるが、金属アレルギーの原因になることがある。
アルギン酸印象材 口の中の型を取る際によく使われる歯科材料で、アルジネート印象材とも呼ばれる。弾力のある状態から数分で硬化するため、短時間で型取りをすることが出来る。
アンカー 矯正治療で歯を動かすための土台になる歯や装置などの固定源のこと。
アンカーロス 矯正治療でアンカーとして使用していた歯が、逆に本来動かす予定だった歯に引っ張られて動いてしまうこと。
アンキローシス 主に臼歯に起こる現象で、歯根歯槽骨が癒着してしまうこと。対合歯挺出の原因になったり、乳歯の場合は永久歯が生えてくるのを妨げる場合がある。骨性癒着(こつせいゆちゃく)とも言う。
アンレー(On) 臼歯部の虫歯で、治療によって削った部分を埋めるインレーのうち、咬頭を含むもののこと。

EMR(いーえむあーる) 根管治療の時に行う、電気を使って根っこの長さを測る検査のこと。またはそれに用いる装置のこと。電気的根管長測定検査とも言う。医学用語のEMR(内視鏡的粘膜切除術)とは関係ない別の言葉。
異所性疼痛(いしょせいとうつう) 神経を通ってきた痛みの信号を脳が勘違いしてしまうことによって、痛みの原因のある部位とは別の他の部位に痛みが出ること。口腔内でも問題のある歯とは別の歯が痛んだり、内蔵などの異常で歯が痛んだりすることもある。関連痛(かんれんつう)、連関痛(れんかんつう)とも呼ぶ。かき氷でこめかみが痛くなるアイスクリーム頭痛もそのひとつ。
イニシャルプレパレーション 病気の根本的な原因(プラークなど)を取り除いて症状をある程度まで改善し、その後の治療効果を高めるための初期治療のこと。
医療費控除(いりょうひこうじょ) 一年間の間に、自分とその家族が支払った医療費の合計が10万円を超えると、確定申告により税金の一部が戻ってくる制度のこと。
印象(いんしょう・Imp) 口の中の型取りのことで、これに石膏を注いで口の模型を作り、歯の詰め物や補綴物を製作する。歯科医院内で頻繁に使われる歯科用語。
院内技工(いんないぎこう) 歯科医院の中に技工士が居て、院内で詰め物や差し歯・入れ歯などを製作すること。医師と技工士の意思疎通がしやすいというメリットがある。
インフォームドコンセント 医療機関が患者に対して、治療に関する様々な情報提供や説明を行い、納得した上で治療を進めて行くこと。
インプラント 欠損部位に、天然歯の代わりに人工歯根を埋め込んで、その上に人工歯を作る治療方法。
インプラント体 インプラントの構造のひとつで、手術で顎の骨の中に埋め入れる、チタン製のインプラントの人工歯根部分のこと。フィクスチャーとも言う。
インレー(In) 臼歯部の虫歯で、治療によって削った部分を埋める詰め物のことで、保険内治療の場合は、金銀パラジウム合金と呼ばれる金属を使うことが多い。保険適用外ではあるが、白色の素材を使用することも出来る。

う窩(うか) 虫歯(う蝕)によってできた穴のこと。
受け口(うけぐち) 歯を噛み合わせた時に、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態のこと。反対咬合・下顎前突とも言う。
う歯(う蝕) 虫歯のことで、ミュータンス菌の作り出した酸が、歯からカルシウムやリン酸を溶かし出すことで、歯が失われていく病気。正式な歯科用語としては「齲蝕歯」(うしょくし)。
右側(うそく) 歯科用語では、(みぎがわ)とは読まずに(うそく)と読む。

永久歯(えいきゅうし) 6〜7歳頃に乳歯から生え替わる歯のことで、全部で28本ある。(親知らずを入れると32本)
衛生士(えいせいし) 歯科衛生士のことで、国家資格を取得して、衛生診療の補助や、歯科指導を行う専門職のこと。
HJK 硬質レジンジャケット冠(ハードレジンジャケットクラウン)の略で、合成樹脂で出来た白い補綴物のこと。
エキスカ(エキスカベータ) 仮の詰め物を取り除く時などに使う歯科器具のこと。
EXT(えきすと) 抜歯のことで、英語のextractionの略。
エキストリュージョン 噛み合わせる相手の歯が失われてしまった場合等に、歯が元の位置から突出したり、移動してしまうこと。挺出(ていしゅつ)とも言う。
SRP スケーリング・ルートプレーニングの略で、スケーラーやキュレットという、細長い歯科器具を使って、歯や歯の根っこに付着した歯垢歯石を除去する、歯周病の初期治療のこと。
SP 消毒のこと。
X線透過像(えっくすせんとうかぞう) 嚢胞(のうほう)ができている部分など、X線(レントゲン)写真上で、黒く見える部分のこと。
エッチング 歯質とレジンの接着力を高めるために行う、窩洞形成後の表面の前処理のこと。
エナメル質 歯の表面を覆っている硬い部分で、主成分はリン酸カルシウム。人間の体の中で最も硬い組織で、熱などの外部刺激を伝えにくく、歯髄を守っている。
エナメル質減形成(げんけいせい) 何らかの原因によって、歯の表面のエナメル質がきちんと形成されない病気のこと。症状が重い場合は歯の大部分が形成されないこともある。エナメル質形成不全とも言い、その部分は虫歯になりやすいので注意が必要。
FC 根管治療に使用する薬品の一種で、正式名はフォルムクレゾール。
FCK 臼歯の全体を覆う、金属のかぶせ物のことで、フルキャストクラウンの略。
FD 歯が1本も無いときに、入れ歯の床(しょう)の部分が下顎に吸着するように製作される総入れ歯のことで、フルデンチャーの略。
FOP フラップオペレーションのことで、通常の治療では改善が見られない場合に、歯肉をメスで切開し歯根部分をむき出しにして、奥深くに付着した縁下歯石や病気に感染した歯肉を直接除去したり、骨が吸収されてしまった部分をきれいにする歯周病治療で、歯肉剥離掻爬手術(しにくはくりそうはしゅじゅつ)、または略してフラップとも言う。
エプーリス 歯肉にできる良性の腫瘤(しゅりゅう)のことで、歯列不正やかぶせ物の不適合などによる慢性的な刺激が主な原因。歯肉腫(しにくしゅ)とも言う。20〜30代の妊婦に多くみられる妊娠性のものもある。大きくなると歯並びなどに悪影響がでる場合もあるため、歯肉歯槽骨の一部を外科的に切除する必要がある。
MB セラミックの内側に金属を焼き付けてあるかぶせ物のことで、メタルボンドの略。保険適用外。
MTM 少数の歯だけを部分的に動かす歯列矯正のこと。
縁下(えんか) 歯ぐきより下の部分のこと。歯ぐきより下の、歯ブラシの届かない所にある歯石を縁下歯石と言う。『縁上(えんじょう)⇔縁下(えんか)』
嚥下(えんげ) 食べ物などを飲み込む動きのこと。
縁上(えんじょう) 歯ぐきより上の部分のこと。『縁上(えんじょう)⇔縁下(えんか)
遠心(えんしん) 正中から遠ざかる方向(奥歯の方向)の事。
口腔内の位置関係は、『頬側唇側(歯の表側方向)⇔舌側口蓋側(歯の裏側方向)』『近心正中側)⇔遠心(奥歯側)』の二つを組み合わせて表現する。
エンド 歯内療法という意味のEndodontic treatmentの略で、歯髄治療のこと。

オーバージェット 上下の歯を噛み合わせることで、上の前歯が下の前歯に被さったときの、下の歯の面に対して、上の歯の面の出ている水平距離のこと。
外側へ出ている場合をプラス、引っ込んでいる場合をマイナスと表記する。
オーバーバイト 上下の歯を噛み合わせることで、上の前歯が下の前歯に被さったときの、下の歯の先端と上の歯の先端の重なりの距離のこと。
重なりが深い場合をプラス、重なりが無く開いているとマイナスと表記する。
オールセラミッククラウン 金属を全く使わずに、セラミックのみで作られるかぶせ物のこと。保険適用外。
嘔吐(おうと) 胃の中の内容物が食道を逆流して口から吐き出されること。
嘔吐反射(おうとはんしゃ) 口腔内(舌など)に触れられたときに反射的に吐き気を催すこと。せきやくしゃみと同様に反射的に行われるものなので、本人の意思で止めることができない。
おしゃぶり 赤ちゃんが泣いてしまった時の泣き止ます手段や、寝かしつけるときの安心させる手段として、赤ちゃんの口にしゃぶらせる便利な育児アイテム。長期間使用し続けると噛み合わせが悪くなる恐れがある。
オッセオインテグレーション インプラント治療の用語で、チタン製のフィクスチャー(インプラント体)と顎の骨が結合すること。骨を表すラテン語のオス(os)と、結合を表す英語のインテグレーション(integration)の組み合わせが語源。
オトガイ神経 オトガイとは顎のことで、下歯槽神経から枝分かれして下顎を通る神経のこと。下口唇や下顎の前歯部・小臼歯部の感覚を伝える神経なので、インプラントの手術や下顎の歯の抜歯などの時にこの神経を傷つけてしまうと、下唇やその周囲の感覚の麻痺が起こる。
オフィスホワイトニング 歯科医院で高濃度の薬剤を塗布し、強い光を当てて短時間で歯を白くする審美治療のこと。
親知らず 永久歯28本の更に奥に生えてくる、一番奥の第三大臼歯のことで、真っ直ぐに生えてこなかったり、一生生えてこないこともある。智歯とも言う。
↑メニューボタンに戻る
  |    |    |    | 
開咬(かいこう) 奥歯で噛んだときに、上の前歯と下の前歯の間に大きな隙間がある噛み合わせのこと。前歯で食べ物を噛み切ることができない、隙間から空気が漏れるため発音がしにくいなどの問題がある。おしゃぶりの長期使用が原因になる場合がある。
外傷 転んだ・ぶつけたなど、何らかの外的要因による歯や歯周組織の損傷の総称。(歯の破折脱臼など)
外傷性咬合(がいしょうせいこうごう) 歯に大きな負担がかかった状態が続くと歯周組織に起こる病変のことで、咬合性外傷とも言う。
歯周組織が健全な歯に、歯ぎしりなど強い力が加わって起こる「一次性咬合性外傷」と、歯周病などで支えが弱くなった歯に通常の噛む力が加わって起こる「二次性咬合性外傷」に分類される。
かかりつけ歯科医 歯の治療だけでなく、定期検診や歯に関する相談など、様々な面でサポートする、身近な歯科医療機関のこと。
過蓋咬合(かがいこうごう) 下の前歯が殆ど見えないくらいに、上の前歯が深く覆い被さっている不正咬合のこと。
下顎(かがく) 下あごのこと。歯科用語では、したあごではなく(かがく)と呼ぶ。
下顎前突(かがくぜんとつ) 歯を噛み合わせた時に、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態のこと。受け口・反対咬合とも言う。
顎(がく) あごのこと。歯と、歯を支える骨や筋肉などの総称。
顎関節症(がくかんせつしょう) 口が大きく開かない、口を開け閉めする時に音がする、物を噛むと顎の間接が痛い等の顎の機能障害のこと。噛み合わせの異常やストレス、歯ぎしり親知らずなど様々な原因が考えられる。
顎顔面(がくがんめん) 上下の歯と口を含めた顎全体のこと。
架工義歯(かこうぎし) ブリッジのこと。欠損歯の両側の歯を削り、欠損部分の人工歯を繋げて支えるかぶせ物のこと。
下歯槽神経 下顎の神経から左右に独立して分かれた大きな神経のことで、下唇や舌・顎などの感覚と顎舌骨筋(口の底の筋肉)などの筋肉を支配するとても重要な神経。インプラントの手術や下顎の歯の抜歯などの時にこの神経を傷つけてしまうと、下顎の周囲の皮膚の感覚や舌の感覚の麻痺が起こる。
過剰歯(かじょうし) 通常生える親知らずを含めた32本の歯以外に生える余分な歯のこと。
下唇小帯(かしんしょうたい) 下唇の内側の粘膜と歯ぐきをつなぐ細いひだのような部分のこと。
仮着(かちゃく) 詰め物やかぶせ物・差し歯などを、後に外せるように仮に付けておくこと。
ガッタパーチャ 根管治療の最後(根充)に、根管を封鎖するのに使う歯科材料。
可撤(かてつ) 固定されておらず、入れ歯などのように取り外しができる状態のこと。
窩洞形成(かどうけいせい・KP) 虫歯を除去した後に、詰め物やかぶせ物の特性に合わせて、削った部分の形を整えること。
仮封(かふう) 治療中の虫歯を除去した穴に、詰め物やかぶせ物を入れるまで、一次的に詰める仮の詰め物のこと。
カリエス(caries) 虫歯のことで、ミュータンス菌の作り出した酸が、歯からカルシウムやリン酸を溶かし出すことで、歯が失われていく病気。虫歯には色々と呼び方があるが、歯科用語としてはこの言葉が最もよく使われる。cariesの頭文字をとって『C』とも呼ぶ。(医療用語としては別の意味があるが、歯科用語では虫歯を指す)
カリエスリスク 虫歯のなりやすさのこと。口腔内の細菌の数・プラークの量・唾液の性質と量などの検査結果と、飲食の頻度など生活での情報を総合的に判断する。
仮歯(かりば) 前歯の治療中等に、かぶせ物が入るまでの間入れておく仮の歯。テンポラリークラウンまたはテックとも言う。
観血的(かんけつてき)処置 抜歯や手術などの出血を伴う治療のこと。
感染根管(かんせんこんかん) 歯の根っこが病気に感染して膿がたまった状態のこと。
感根処(かんこんしょ) 感染根管処置の略で、歯の根っこが病気に感染して膿がたまった時に行う根管治療のこと。
鉗子(かんし) 抜歯などに使用する器具で、組織を把持する器具。はさみのような外見で、手元にストッパーがついていて挟んだままにできる。
カンジダ 乳幼児やお年寄りに見られる、カンジダ菌(カビの一種)によって頬の内側・舌・口唇などの粘膜に白いできものができる病気。
顔面気腫(がんめんきしゅ) 皮下組織に何らかの原因で空気が入って、顔などが張れること。胸部にあった気腫が顔面まで及んだときや、顔の骨を骨折したとき、ごくまれに歯を削る機械から出る空気が、顔の皮下組織に入ったときなどに起こる。
関連痛(かんれんつう) 神経を通ってきた痛みの信号を脳が勘違いしてしまうことによって、痛みの原因のある部位とは別の他の部位に痛みが出ること。口腔内でも問題のある歯とは別の歯が痛んだり、内蔵などの異常で歯が痛んだりすることもある。連関痛(れんかんつう)、異所性疼痛(いしょせいとうつう)とも呼ぶ。かき氷でこめかみが痛くなるアイスクリーム頭痛もそのひとつ。

技工士 歯科技工士のことで、国家資格を取得して、かぶせ物や入れ歯等の歯科技工物を作る専門職。
義歯(ぎし) 取り外し式の入れ歯のこと。(さし歯やブリッジなどの固定するかぶせ物は含まない)
キシリトール 白樺やトウモロコシに含まれる成分を元に作られる甘味料。
歯に付着したプラーク内の細菌に分解されにくいため、虫歯の原因になりにくいと言われているが、虫歯の予防効果がある訳ではない。
基底結節(きていけっせつ) 前歯の舌に面している側で、歯ぐきに近い盛り上がった部分のこと。
ギミースマイル 笑う時に歯ぐきが出る状態のこと。
臼歯(きゅうし) ものをすり潰す役割をもつ、前から4番目よりも奥の歯のこと。また、この部分全体を臼歯部(きゅうしぶ)と言う。
キュレット 歯根についた歯石等を取り除くために使う歯科器具のこと。
頬小帯(きょうしょうたい) ほっぺたの内側の粘膜と歯ぐきをつなぐ細いひだのような部分のこと。
矯正(きょうせい) 歯並びに問題がある場合に、ワイヤーやブラケットを装着して少しずつ力をかけることで歯を動かし、綺麗な歯並びに治す歯科治療。
頬側(きょうそく) ほっぺた側のこと。
口腔内の位置関係は、『頬側唇側(歯の表側方向)⇔舌側口蓋側(歯の裏側方向)』『近心正中側)⇔遠心(奥歯側)』の二つを組み合わせて表現する。
頬粘膜癌(きょうねんまくがん) 口腔癌の一種で、頬の粘膜にできる癌のこと。
局所麻酔(きょくしょますい) 治療をする部分だけに、直接麻酔を注射して痛みを無くす、体への負担が少ない麻酔方法。
金合金 保険適用外の歯科用金属で、貴金属なので金属アレルギーの恐れが少ない。
銀合金 乳歯の詰め物や、根管治療後のかぶせ物の土台によく使われる歯科用金属。
近心(きんしん) 正中に近づく方向のこと。
口腔内の位置関係は、『頬側唇側(歯の表側方向)⇔舌側口蓋側(歯の裏側方向)』『近心正中側)⇔遠心(奥歯側)』の二つを組み合わせて表現する。
金属アレルギー 金属が原因で起こるアレルギーのこと。金・白金などの貴金属や、インプラントに使用されるチタンなどはアレルギーを起こしにくい。
金属床義歯(きんぞくしょうぎし) 床(しょう)(ピンクの土台部分)に金属を使用した取り外し式の入れ歯のことで、通常よりも丈夫なうえに薄く作る事が出来るので、違和感が少ない。保険適用外。
金パラ 金銀パラジウム合金の略で、歯の詰め物やかぶせ物によく使われる歯科用金属。
筋・筋膜痛(きん・きんまくつう) 主に肩や首の筋肉や咀嚼筋の慢性的な疲労が原因で起こる、筋肉痛が原因の歯の痛みのことで、非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう)のひとつ。

くさび状欠損 歯ぎしりによるアブフラクションなど様々な原因によって、歯の生え際がくさび状にえぐれてしまった状態のことで、くさび状欠損(wedge shaped dehect)を略してWSDとも言う。
グラインディング 歯ぎしりの一種で、歯をギリギリと擦り合わせること。睡眠中の歯ぎしりというと主にこれを指す。
クラウン 削った部分が多く、詰め物では埋められない場合に作る、歯の全体を覆うかぶせ物のこと。
グラスアイオノマーセメント 歯の表面の虫歯や、小さな虫歯の治療に使われる詰め物の一つ。
クラスプ 残っている歯に引っ掛けて入歯を安定させる、バネのような装置のこと。
クラック ヒビのこと。歯に入ったヒビは細菌の住処になるため、虫歯の原因になりやすい。特に歯根部まで達しているようであれば、膿んでしまったり骨が破壊されたりするため、歯を残すことが困難になる。
クリアランス いくつかの意味があるが、歯科用語として使われる場合は、間隔・空間といった意味で、人工歯を入れるときの隙間のこと。
グルカン ミュータンス菌が糖質を分解して作る、ねばねばした物質の事で、これが歯の表面を覆ってプラークとなる。
クレーター 歯冠乳頭に見られるクレーター状のくぼみのこと。
クレフト 不適切な歯磨きや噛み合せの異常などが原因で起こる、V字型やU字型の歯ぐきの裂け目のこと。
クレンチング 歯ぎしりの一種で、歯を強く噛み締めたり食いしばること。
クローズドロック 顎関節症が進行して、口が思うように開けられない状態のこと。

形成 詰め物・かぶせ物などの型取りのために、支台歯歯質を削って形を整えること。
KP(けーぴー) 虫歯を除去した後に、詰め物やかぶせ物の特性に合わせて、削った部分の形を整えること。窩洞形成とも言う。
外科的侵襲(げかてきしんしゅう) 手術や抜歯などの外科処置によって、体に痛みなど何らかの影響があること。
欠損(けっそん) 歯が根っこから全て失われてしまった状態のこと、失われてしまった部分のこと。
血餅(けっぺい) ゼリー状に凝固した血液のこと。傷口の保護や修復のためにとても重要で、歯を抜歯したときに血餅の形成が不十分だと、治癒不全になってしまうこともある。
犬歯(けんし) 真ん中から三番目の永久歯のこと。
犬歯誘導 顎を左右にずらしたときに、上下の犬歯(前から三番目の歯)だけが噛み合って奥歯に隙間ができ、奥歯が噛んでいない状態になる噛み合わせのことで、バランスの良い理想的な噛み合わせと言われる。

コア 削った部分が多く、詰め物では埋められない場合に、歯の強度を増す為にかぶせ物の下に立てる土台のこと。アバットとも言う。
口角(こうかく) 上唇と下唇が繋がっている境目の部分。この部分が切れてしまう病気を口角炎(こうかくえん)と言う。
口蓋(こうがい) 鼻と口を分けるしきりとなる、上あごの天井部分のこと。
口蓋癌(こうがいがん) 口蓋にできる癌で、口蓋粘膜由来の扁平上皮癌(へんぺいじょうひがん)と、小唾液腺(だえきせん)由来の腺がんに分けられる。
口蓋側(こうがいそく) 口蓋側(べろ側)のこと。
口腔内の位置関係は、『頬側唇側(歯の表側方向)⇔舌側口蓋側(歯の裏側方向)』『近心正中側)⇔遠心(奥歯側)』の二つを組み合わせて表現する。
口蓋裂(こうがいれつ) 先天性異常のひとつで、上あごをつくる部分が癒合せずに、口蓋が裂けた状態で生まれてくる赤ちゃんの病気。鼻と口を分けるしきりがないため、食べたものが鼻から出たり、声が鼻からもれたりする。口唇裂と合わせて口唇口蓋裂とも言われる。
口腔(こうくう) 口の中のこと。
口腔癌(こうくうがん) 口の中にできる癌の総称。できる場所などによって更に、舌癌歯肉癌口底癌頬粘膜癌口唇癌口蓋癌などに分類される。
口腔外科(こうくうげか) 口の中に関しての外科的処置を行う、歯科診療科目のうちのひとつ。
咬合(こうごう) 噛み合わせのこと。
咬合採得 歯科技工物を作るにあたって、上下の歯の噛み合わせを調べること。BT又はバイトとも言う。
咬合紙(こうごうし) 噛み合わせの状態を確認するために、強く当たる部分に色を付けるための赤い紙のこと。
咬合小面(こうごうしょうめん) 上の歯と下の歯の噛み合わせで磨耗した面のこと。ファセットとも言う。
咬合神経症 歯ぎしりのこと。
咬合性外傷(こうごうせいがいしょう) 外傷性咬合のこと。
咬合調整(こうごうちょうせい) 噛み合わせのバランスが悪く、一部の歯に必要以上の負担がかかってしまっている時に、歯を少し削る事によって、噛み合わせを調整すること。略して咬調とも言う。
咬合平面 歯を噛み合わせた時に、上下の歯が接する平面のことで、入歯を作る時等に噛み合わせの基準となる。
咬合面(こうごうめん) 噛み合わせたときに上下の歯が接する部分のこと。
鉤歯(こうし) 入れ歯を安定させるために、クラスプを引っ掛ける支えになる歯のこと。
硬質レジン 歯の詰め物やかぶせ物によく使われる、プラスチックのような歯科材料で、磨耗や変色に弱いといった欠点がある。
口唇癌(こうしんがん) 口腔癌の一種で、口唇にできる癌のこと。日本ではあまり見られない。
口唇口蓋裂(こうしんこうがいれつ) 先天性異常の一つで、左右の口蓋突起の癒合が不完全な状態で生まれてくる赤ちゃんの病気で、口蓋裂口唇裂の総称。
口唇ヘルペス(こうしんへるぺす) 唇の周り等に水泡が出来てしまう感染症の一種で、疲労やストレス等で免疫力が低下している時にかかりやすい。
口唇裂(こうしんれつ) 先天性異常のひとつで、左右の唇がくっつかずに、口唇の一部に裂け目ができて生まれてくる赤ちゃんの病気。亀裂が鼻まで達してしまうこともある。唇裂、または口蓋裂と合わせて口唇口蓋裂とも言われる。
合着(ごうちゃく) 完成した詰め物やかぶせ物などの修復物を正式に付けること。
口底(こうてい) 舌の下の、口の底の部分のこと。
口底癌(こうていがん) 口腔癌の一種で、舌の下の、口の底の部分にできる癌のこと。
咬頭(こうとう) 犬歯や臼歯の先端の尖った頭の部分のこと。
口内炎 口の中の粘膜が赤く腫れたり、できものができたりする病気のこと。
咬耗(こうもう) 歯ぎしりや強い噛み締めなど、上下の歯の噛み合わせによって歯が削れること。噛み合わせで強く当たっている部分に見られることが多い。
誤嚥(ごえん) 異物が誤って気管に入ってしまうこと。
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん) 異物が気管に入ってしまうことで生じた肺炎のこと。健康な人は異物が気管に入ると、激しく咳き込むことで異物を外に出すが、高齢者や咳反射の低下している人は、異物を出すことができないため、異物が気管支まで入ってしまい、肺炎を起こす。
骨(こつ) 骨(ほね)のこと。
骨移植 インプラント治療をしたいが骨が足りない場合などに、他の部位から採取した骨片を移植して骨量を増やすこと。
骨性癒着(こつせいゆちゃく) 主に臼歯に起こる現象で、歯根歯槽骨が癒着してしまうこと。対合歯挺出の原因になったり、乳歯の場合は永久歯が生えてくるのを妨げる場合がある。アンキローシスとも言う。
骨粗鬆症(こつそしょうしょう) 骨芽細胞が新しい骨を作り出す速度よりも、破骨細胞が古くなった骨を吸収する速度が高いことで、骨に小さな穴がたくさん出来てしまい、骨が弱くなってしまう病気。
骨隆起(こつりゅうき) 骨が異常に発育することによって出来る、下あごや口蓋のふくらみののこと。
五分の四冠 歯の五面のうちの四面を覆うかぶせ物のこと。
根管(こんかん) 歯髄の通っている管状の部分のことで、通常は中切歯〜犬歯は1根管、小臼歯は1〜2根管、大臼歯は3〜4根管ある。
根管(こんかん)治療 虫歯が進行して歯髄が死んでしまった時や、病気に感染して膿を持ってしまった時に行う、歯の根っこの治療のこと。状態が良くなったら歯根の中に詰め物をしてからかぶせ物を入れる。省略して根治とも呼ぶ。
根充(こんじゅう) 根管充填の略で、根管治療が済んできれいになった歯根の中に、細菌等が入らないように隙間無く詰め物をする治療のこと。
根切(こんせつ) 歯肉の一部を切開・剥離して、歯根部にある根尖病巣を取り除くと共に、汚染された歯根の先端を一部切除する手術のこと。根尖切除術の略で、歯根端切除術とも言う。
根尖(こんせん) 歯根の尖端のこと。
根尖切除術(こんせんせつじょじゅつ) 歯肉の一部を切開・剥離して、歯根部にある根尖病巣を取り除くと共に、汚染された歯根の先端を一部切除する手術のこと。歯根端切除術または省略して根切とも言う。
根尖病巣(こんせんびょうそう) 歯髄にまで進行した虫歯や、根管治療後の根管の腐敗、歯根破折など様々な要因によって歯根の先端にできた膿の袋のこと。またはそれが原因で炎症を起こしている症状のこと。歯根嚢胞・根尖病変・根尖性歯周炎などとも言う。
根治(こんち) 根管治療のこと。
コンポジットレジン ごく小さな虫歯などの治療に使われる、プラスティックの詰め物のこと。
↑メニューボタンに戻る
  |    |    |    | 
サージカルステント 止血や患部の保護、固定などに使われる装置のこと。
または、インプラントの手術のときに、インプラント体を埋め込む位置を確認するために使われる透明樹脂の型のこと。
細菌性誤嚥性肺炎
(さいきんせいごえんせいはいえん)
誤嚥性肺炎の中で、口腔内の雑菌が気管支に入ってしまうことで生じたもののこと。唾液と共に少量ずつでも誤嚥すると肺炎になる。
再石灰化 唾液中のカルシウムやリンが歯に付着して、脱灰が起きた部分を修復する働きのこと。
在宅診療 体が不自由な人や寝たきりの人等、歯科医院への通院が出来ない患者様が、歯科診療を受けられるように、歯科医師や歯科衛生士が直接出向いて診療を行うこと。
サイナス 上顎洞のこと。副鼻腔のひとつで、鼻腔(鼻の中の呼気の通り道)に隣接した骨の中にある鐘体状の空洞。上顎の臼歯部と接近しているため、上顎臼歯部の疾患による影響を受けやすい。
サイナスリフト インプラントを埋入するスペースを確保するために、上顎の空洞部分に骨を移植して、顎の骨の量を増やす手術で、上顎洞底挙上術(じょうがくどうていきょじょうじゅつ)とも言う。
さし歯 虫歯などを治療した後に、残っている歯根部分に土台となるコアを埋め込み、その上に装着するかぶせ物のこと。
左側(さそく) 左側のこと。歯科用語では(ひだりがわ)とは読まずに(さそく)と読みます。
サホライド フッ素と銀を含み、虫歯の部分に直接塗布して使用する、虫歯の進行を抑制する効果のある薬。塗布した歯が黒く変色してしまうので、主に乳歯などに使用される。
暫間固定法
(ざんかんこていほう)
歯周病など様々な原因で歯がグラグラしている場合に、両側の歯と一次的に固定して、噛み合わせの機能を回復させる方法。T-Fix(ティーフィックス)とも言う。

CR ごく小さな虫歯などの治療に使われる、プラスティックの詰め物のことで、コンポジットレジンの略。
C 虫歯のことで、ミュータンス菌の作り出した酸が、歯からカルシウムやリン酸を溶かし出すことで、歯が失われていく病気。カリエス(caries)の頭文字。
G 歯肉(歯ぐき)のこと、または病名として歯肉炎のこと。
CO(しーおー) 要観察歯のこと。エナメル質が脱灰している状態で、衛生状態を改善することで再石灰化による自然治癒が期待できるため、治療は行わずに様子をみる。
C1 虫歯の初期の状態で、エナメル質部分が虫歯によって蝕まれている状態のこと。1〜2回の治療で治すことが出来る。
C2 虫歯が進行して、象牙質までが蝕まれてしまった状態のこと。1〜2回の治療で治すことが出来る。
C3 虫歯が歯髄にまで進行してしまった状態のこと。根管治療が必要なため、治療に時間がかかる。
C4 虫歯によって歯冠部分がほとんど失われてしまい、歯根部分だけが残っている状態のことで、歯を残すことが出来ない場合が多い。
GTR 特殊な膜を貼ることによって、歯周病によって破壊された歯を支える歯周組織を再生する治療方法。歯周組織再生誘導法とも言う。
シーネ 顎関節症の治療や歯ぎしりによって歯や顎に負担がかかるのを防ぐために、睡眠中に口の中に装着するマウスピースのこと。ナイトガードとも言う。
GBR 特殊な膜を貼ることによって、歯周病などによって破壊された骨組織を再生する治療方法。骨誘導再生療法とも言う。
GP 形の崩れてしまった歯ぐきを、出来る限り自然の形を保ちながら綺麗に整える、歯肉整形術のこと。
シーラント 虫歯になっていない臼歯の細かい溝に、レジンをコーティングして、虫歯になりにくくする処置のこと。乳歯や生えたばかりの永久歯などに使われることが多い。
シェード 色調のこと。自分の歯と差し歯の色を合わせるために、色を調べて数値で表す。
歯牙(しが) 歯のこと。
歯科衛生士 国家資格を取得して、歯科診療の補助や、衛生指導を行う専門職のこと。単に衛生士とも言う。
歯科技工士 国家資格を取得して、かぶせ物や入れ歯等の歯科技工物を作る専門職。単に歯科技工士とも言う。
歯科助手 歯科診療の補助をするアシスタントのこと。
歯牙破折
(しがはせつ)
外から見えている部分の歯が折れてしまうこと。(歯冠破折:しかんはせつ)または歯の根っこが折れてしまうこと。(歯根破折:しこんはせつ)
歯牙漂白 薬品等を使って歯を白くすることで、ホワイトニングやブリーチングともいう。
歯科用セメント 詰め物やかぶせ物を歯に固定するのに使う歯科材料のこと。
歯間 歯と歯の隙間の部分のこと。
歯冠(しかん) 歯の中で歯ぐきから出ている、外から見える部分のこと。
歯間ブラシ 歯と歯の隙間を磨くための小さな歯ブラシのこと。
歯間乳頭 歯と歯の間の三角形の歯ぐきの部分のこと。
歯冠破折
(しかんはせつ)
外から見えている部分の歯が折れてしまうこと。
歯頸部(しけいぶ) 歯と歯ぐきの境い目の部分のこと。
歯垢(しこう) 口腔内細菌が作り出す、虫歯歯周病の原因となる物質のことで、食べかすに含まれる糖類が結合して出来るデキストリン(多糖類)や細菌等のかたまり。プラークとも言う。
歯根(しこん) 歯の中で、歯ぐきの中に埋まっている部分のこと。
歯根吸収 乳歯の生え変わりの時期などに、歯根部分の歯質が溶けて抜けやすくなってしまうこと。外傷歯根の炎症によって起きる場合もある。
歯根端切除術
(しこんたんせつじょじゅつ)
歯肉の一部を切開・剥離して、歯根部にある根尖病巣を取り除くと共に、汚染された歯根の先端を一部切除する手術のこと。根尖切除術または省略して根切とも言う。
歯根嚢胞
(しこんのうほう)
歯髄にまで進行した虫歯や、根管治療後の根管の腐敗、歯根破折など様々な要因によって歯根の先端にできた膿の袋のこと。またはそれが原因で炎症を起こしている症状のこと。根尖病巣・根尖病変・根尖性歯周炎とも言う。
歯根破折 歯の根っこが折れてしまうこと。
歯根膜(しこんまく) 歯と歯槽骨の間にある薄い膜のことで、歯と骨を結びつける役割がある。
歯根膜炎
(しこんまくえん)
虫歯の進行が原因で、歯根膜が炎症を起こす病気のこと。Pelとも言う。
歯質(ししつ) エナメル質象牙質等の、歯の成分のこと。
歯周病
(ししゅうびょう)
歯垢歯肉溝に入り込んで、炎症を起こした状態のことで、歯肉炎と歯周炎の総称。進行度によってP1〜P4と分けられる。
歯周ポケット 歯周病の進行によって出来た、歯と歯ぐきの隙間のことで、この深さで歯周病の進行度合いを判断する。また、歯根に付着した歯石や、細菌に侵された歯肉の一部を取り除いて、歯周組織の炎症を改善させる治療を、歯周ポケット掻爬(そうは)と言う。 略してポケットとも言う。
歯周膿瘍
(ししゅうのうよう)
歯周病が原因で炎症が起こって化膿し、根っこの先に膿が溜まった状態のこと。
歯髄(しずい) 細い血管やリンパ管、神経等の集まった組織で、歯に酸素や栄養分を運んだり、排泄物を取り除いたりしている。虫歯が進行して歯髄を取ってしまうと、歯に栄養が行かなくなるので歯がもろくなり寿命が短くなる。
歯髄炎(しずいえん) 虫歯歯髄にまで進行してしまった時の病名で、ズキズキとした激しい自発痛を伴う。症状が激しい場合は麻酔が効かないこともあり、治療中にも激しい痛みを伴う可能性がある。
歯髄腔(しずいくう) 歯髄(歯の血管や神経)が入っている空洞のこと。
磁性アタッチメント 磁石を使って入れ歯を安定させる装置で、ワイヤー等をかける必要が無く、がたつきの少ない入歯を作ることが出来る。
歯石 歯垢に唾液中のカルシウムなどが付着して固まったもの。歯石になってしまうと歯ブラシでは除去出来ないので、歯科医院での専門的な掃除が必要になる。
歯槽骨(しそうこつ) 歯根を支える骨のこと。歯周病が進行すると吸収されてしまい、歯を支えることができなくなる。
歯槽膿瘍
(しそうのうよう)
虫歯の進行による根っこの感染が原因で炎症が起こって化膿し、根っこの先に膿が溜まった状態のこと。
支台歯(しだいし) 欠損部分にブリッジや入れ歯を入れるときに、人工歯の支えとなる歯のこと。
失活歯(しっかつし) 既に歯髄が死んでしまっている歯のこと。
試適(してき) 完成したかぶせ物や入れ歯などが、きちんと口に合っているかを見るために、仮に付けてみること。TFとも言う。
歯肉(しにく) 歯ぐきのことで、さらに遊離歯肉(歯頸部の周りを囲み、歯肉溝を形成している歯肉)、付着歯肉(歯槽骨セメント質と結合している動かない歯肉)、歯間乳頭(歯と歯の間の部分の歯肉、乳頭歯肉とも言う)に分類される。
歯肉炎(しにくえん) 歯肉に炎症がある状態のこと。Gとも言う。
歯肉癌(しにくがん) 口腔癌の一種で、歯肉にできる癌のこと。目立った外見的特長がなく、歯肉炎や口内炎などに誤診されやすい。
歯肉溝(しにくこう) 歯と歯ぐきの間の隙間のこと。
自発痛(じはつつう) 何もしていなくてもズキズキと痛みがある状態のこと。
自費診療 インプラントホワイトニングなど、保険の効かない診療のこと。
ジャケット冠 金属で裏打ちされていないかぶせ物のこと。
主訴(しゅそ) 患者の来院動機となった、主な原因のこと。
シュナイダー膜 上顎洞歯槽骨の間にある非常に薄い粘膜のこと。
(しょう) 入れ歯の床のピンク色の部分のこと。
上顎(じょうがく) 上あごのこと。歯科用語では、うわあごではなく(じょうがく)と読む。
上顎前突
(じょうがくぜんとつ)
上の歯が前に飛び出していて常に上の前歯が見えている噛み合わせのこと。出っ歯のこと。
上顎洞
(じょうがくどう)
副鼻腔のひとつで、鼻腔(鼻の中の呼気の通り道)に隣接した骨の中にある鐘体状の空洞のこと。上顎の臼歯部と接近しているため、上顎臼歯部の疾患による影響を受けやすい。
上顎洞底挙上術
(じょうがくどうていきょじょうじゅつ)
インプラントを挿入するスペースを確保するために、上顎の空洞部分に骨を移植して、顎の骨の量を増やす手術で、サイナスリフトとも言う。
笑気鎮静法(しょうきちんせいほう) 麻酔の使用が好ましくない場合等に、低濃度の亜酸化窒素(N2O)を酸素と混合して、鼻から吸入することによって、治療時の緊張感や不安を和らげる方法。
小臼歯(しょうきゅうし) 真ん中から数えて4番目と5番目の歯のこと。
上唇小帯(じょうしんしょうたい) 上唇の内側の粘膜と歯ぐきをつなぐ細いひだのような部分のこと。
上唇小帯付着異常
(じょうしんしょうたいふちゃくいじょう)
幼児期によく見られる、上唇小帯が太く歯ぐきの頂上付近にまで伸びている状態のことで、上唇小帯低位付着とも言う。大人になっても改善しない場合は歯並びなどに影響を及ぼすことがある。
小帯(しょうたい) 頬や唇の内側の粘膜と歯ぐきとの間の細いひだのような部分のことで、それぞれの部位ごとに、上唇小帯下唇小帯頬小帯舌小帯と呼ぶ。
上部構造
(じょうぶこうぞう)
インプラントの上部構造のこと。インプラントの構造のひとつで、手術で顎の骨の中に埋め入れたフィクスチャー(インプラント体)の上にかぶせる人工歯のこと。
歯列(しれつ) 歯の並びのこと。
人工歯(じんこうし) 天然歯(自分の歯)ではなく、人工的に作られた歯のこと。
人工歯根
(じんこうしこん)
人工的に作られた歯の根っこのこと。インプラント治療で顎の骨の中に埋め入れるフィクスチャー(インプラント体)のこと。
侵襲(しんしゅう) 体に痛みなど何らかの影響があること。手術や抜歯などの外科処置によるものを外科的侵襲と言う。
唇側(しんそく) くちびる側のこと。
口腔内の位置関係は、『頬側唇側(歯の表側方向)⇔舌側口蓋側(歯の裏側方向)』『近心正中側)⇔遠心(奥歯側)』の二つを組み合わせて表現する。
審美(しんび)歯科 基本的な歯科治療と共に、口の中を外見的に綺麗にする治療のこと。基本的に保険が効かないので自費負担になる。
浸麻(しんま) 治療する場所へ注射して麻酔を効かせる、局所麻酔の種類のひとつで、浸潤麻酔(しんじゅんますい)の略。

水平埋伏智歯
(すいへいまいふくちし)
真横を向いて歯ぐきの中に埋まったままの状態の親知らずのこと。
スケーラー 歯や歯根に付着した歯垢や歯石を取り除くために使用される歯科治療器具。
スケーリング 歯に付着した歯垢や歯石を除去する治療。
ステント 止血や患部の保護等の目的で使われる歯科器具のこと。または、サージカルステントとも言う、インプラント手術の際、インプラントを埋め込む位置を確認するために使う歯科器具のこと。
ストッピング 虫歯治療や根管治療の際に、治療中の削った部分を一時的に封鎖する、仮の詰め物のこと。
ストローマンインプラント スイスで生まれた日本最大シェアのインプラントシステムで、比較的短期間で治療を終えることが出来る。ITIインプラントから名称が変更された。
3DS(すりーでぃーえす) バイオフィルムを取り除いて歯に直接薬剤を作用させ、除菌を行う予防方法のこと。Dental Drug Delivery Systemの略
3Mix(すりーみっくす) 根管治療に使われる、三種類の薬品を混ぜて作った薬剤のことで、それぞれの薬品を混ぜる事で、様々な細菌に対応出来る。
3MixMP法
(すりーみっくすえむぴー法)
三種類の抗生物質を混ぜて作った薬剤を塗布してかぶせる歯科治療の方法。保険が適用されないため自費負担になる。

生活歯(せいかつし) 歯髄の生きている歯のこと。痛みを感じるため、治療には麻酔が必要。
生活歯髄切断
(せいかつしずいせつだん)
歯髄の生活力が高い乳歯に用いられる、感染した歯髄だけを部分的に除去して、歯髄を生きたまま残しておく治療法。略して生切(せいせつ)と呼ばれることが多い。
生切(せいせつ) 歯髄の生活力が高い乳歯に用いられる、感染した歯髄だけを部分的に除去して、歯髄を生きたまま残しておく治療法。生活歯髄切断の略。
正中(せいちゅう) 右側1番目の歯と左側1番目の歯の間のこと。
セカンドオピニオン 通っている病院・医院以外の病院・医院を受診して、第三者の意見を求めること。
(ぜつ) べろのこと。歯科用語では(した)ではなく、音読みで(ぜつ)と読む。
舌炎(ぜつえん) 舌にできた口内炎のこと。
舌癌(ぜつがん) 口腔癌の一種で、舌にできる癌のこと。他の口腔癌と比較して発生率が高く、20代など若い人にも発生する。
切歯(せっし) 中切歯と側切歯のことで、真ん中から2番目までの前歯8本のこと。
舌小帯
(ぜつしょうたい)
舌の内側の粘膜と歯ぐきをつなぐ細いひだのような部分のこと。
舌側(ぜっそく) べろ側のこと。
口腔内の位置関係は、『頬側唇側(歯の表側方向)⇔舌側口蓋側(歯の裏側方向)』『近心正中側)⇔遠心(奥歯側)』の二つを組み合わせて表現する。
舌癒着症
(ぜつゆちゃくしょう)
正式名称は先天性舌癒着症・喉頭蓋・喉頭偏位症。
セメント質 歯根部の表面を覆う歯周組織のこと。骨とほぼ同じ構造。
セラミック 主に前歯の治療後のかぶせ物に使われる、保険適用外の瀬戸物のような陶材のこと。保険適用の材料よりも変色しにくい。
前歯(ぜんし) 真ん中から3番目までの12本の歯のこと。この部分全体を前歯部(ぜんしぶ)と言う。
前装冠 天然歯に近い色で作る、前歯の欠損部のかぶせ物のこと。
先天性欠如 生まれつき歯が無いこと。
全部床義歯
(ぜんぶしょうぎし)
歯が1本も無いときに、入れ歯の床(しょう)の部分が下顎に吸着するように製作される総入れ歯のこと。

総義歯(そうぎし) 歯が1本も無いときに、入れ歯の床(しょう)の部分が下顎に吸着するように製作される総入れ歯のこと。
掻爬(そうは)

主に産婦人科の手術で使われる言葉で、器具を使って体内の組織などをかき取ること。

歯科の場合は、歯周病治療のために、細長い歯科器具を使って、歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)に入り込んで歯や歯根に付着した歯石や、細菌に侵された歯肉の一部を除去して、歯周組織の衛生状態を改善し、歯周ポケットを浅くする(または悪化してそれ以上深くなるのを防ぐ)処置のこと。

象牙質 歯を構成する組織のひとつで、エナメル質の下にあるやわらかい部分。やわらかいため、虫歯がここに達すると進行が一気に早まる。
側切歯(そくせっし) 真ん中から2番目の歯のこと。
ソケットリフト インプラントを埋入するスペースを確保するために、上顎の空洞部分に骨を移植して、顎の骨の量を増やす手術のこと。
↑メニューボタンに戻る
  |    |  つ  |    | 
タービン 先端に様々な形の器具を付けて、高速回転で歯などを削る器具のこと。
大臼歯(だいきゅうし) 親知らずも含めて奥から3番目までの大きな歯の事。
対合(たいごう) 詰め物やかぶせ物などを作るときに、上下の噛み合わせの状態を見るために取る反対側の型取りのこと。
対合歯(たいごうし) 噛み合わさる上下の反対の歯のこと。
唾液(だえき) つばのことで、1日1〜1.5リットル分泌される。抗菌物質が含まれており、再石灰化によって虫歯を予防する効果がある。
脱灰(だっかい) 虫歯菌の作り出した酸が、歯の表面のエナメル質からカルシウムやリン酸を溶かし出す作用のことで、これが再石灰化の作用を上回ると、初期の虫歯(CO)になって行く。
脱臼(だっきゅう) 外からの力によって歯根膜が損傷し、歯が歯槽骨から離れてしまうこと。歯が歯槽骨から完全に抜け落ちてしまう完全脱臼と、一部の歯根膜が断裂しただけで抜け落ちていない不完全脱臼に分けられる。
タッピング 歯ぎしりの一種で、歯をすばやくカチカチ鳴らすこと
脱離(だつり) 詰め物やかぶせ物・差し歯などが取れてしまうこと。
WSD 歯ぎしりなど様々な原因によって、歯の生え際がくさび状にえぐれてしまった状態のことで、くさび状欠損(wedge shaped dehect)の略。
単純窩洞(たんじゅんかどう) 虫歯を削った部分が歯の一面だけにしか無い状態のこと。
探針(たんしん) 虫歯を探すときなどに使う、先端が尖った器具のこと。

知覚過敏 虫歯が無いのに冷たいもの等がしみたりする状態。歯ぐきが痩せて歯根部分が露出したり、エナメル質が薄くなって歯の表面が歯髄に近くなると起こる。
智歯(ちし) 永久歯28本の更に奥に生えてくる、一番奥の大臼歯のことで、真っ直ぐに生えてこなかったり、一生生えてこないこともある。(親知らずとも言う)
智歯周囲炎 正常に生えて来なかった親知らずと、その周囲の歯肉との隙間に汚れや細菌が溜まり、炎症が起きている状態のこと。ペリコとも言う。
中切歯(ちゅうせっし) 一番前の前歯のこと。

TF 完成したかぶせ物や入れ歯などが、きちんと口に合っているかを見るために、仮に付けてみること。試適(してき)とも言う。
TBI 歯科衛生士が行うブラッシング指導の事で、トゥース・ブラッシング・インストラクションの略。
T-Fix(ティーフィックス) 歯周病など様々な原因で歯がグラグラしている場合に、両側の歯と一次的に固定して、噛み合わせの機能を回復させる方法。暫間固定法(ざんかんこていほう)とも言う。
ティッシュコンディショニング 合わない入れ歯によって、歯ぐきの粘膜が痛んでいる場合に、入れ歯と歯ぐきの接触する部分に、弾力のある調整剤を使用して、回復をはかる処置のこと。
挺出(ていしゅつ) 噛み合わせる相手の歯が失われてしまった場合などに、歯が歯槽骨から抜け出てくること。見た目では歯が伸びているように見えるが、抜け出てきているだけなので歯の長さに変化は無い。矯正治療で意図的に行うこともあり、エクストリュージョンとも言う。また、反対に歯が歯槽骨に埋まっていくことを圧下(あっか)と言う。
TEK(テック) 前歯の治療中などに、補綴物が入るまでの間付けておく仮の歯のこと。テンポラリークラウンの略。
デンタル(デンタルX線) 小型のフィルムを口の中に入れて、2〜3本の歯の細かな撮影をするレントゲンのこと。
デンタルフロス 歯と歯の隙間に付着した歯垢を取り除くために使う糸楊枝のこと。単にフロスとも言う。
デンチャー 入れ歯のこと。
天然歯(てんねんし) もともとある自分の歯のこと。
テンポラリークラウン 前歯の治療中などに、補綴物が入るまでの間付けておく仮の歯のこと。略してテックとも言う。

透過像(とうかぞう) 嚢胞(のうほう)ができている部分など、X線(レントゲン)写真上で、黒く見える部分のこと。
疼痛(とうつう) ズキズキと激しく痛むこと。
動揺(どうよう) 歯科用語では、歯がグラグラ動くこと。その度合いを動揺度と言いM1〜M4のように表す。
トライセクション 上顎の大臼歯の3本ある根っこのうちの1本が折れたり穴があいて状態が悪いが、他の根っこの状態が良い場合に、悪くなった根っこだけを分割して抜歯し、他の根っこを残す方法のこと。
ドライソケット 抜歯時に出血が極端に少なく、抜歯窩をふさぐ血餅が出来ずに、骨面が露出したままになって炎症を起こした状態のこと。抜歯後2〜3日後に症状が現れ、激しい痛みを伴う。抜歯後に強いうがいを繰り返すと、血餅が洗い流されてしまうためなりやすい。
ドライマウス 口腔乾燥症とも言われ、口の中や喉が渇くなどの症状が現れる。重度になり唾液分泌量が低下して、口腔内の乾きが進行すると、強い口臭や舌のひび割れと痛み、発音障害や不眠などの症状が出る。
↑メニューボタンに戻る
  |    |  ぬ  |    | 
ナイトガード 顎関節症の治療や歯ぎしりによって歯や顎に負担がかかるのを防ぐために、睡眠中に口の中に装着するマウスピースのこと。シーネとも言う。

2次カリエス 詰め物やかぶせ物で治療した歯の残った歯質が再び虫歯になること。二次齲蝕(にじうしょく)または、省略して2次カリとも言う。
乳歯(にゅうし) 生後6ヶ月くらいから生え始める子供の歯のこと。6〜12歳くらいで順番に永久歯へと生え変わる。

捻転歯(ねんてんし) ねじれて生えている歯のこと。

嚢胞(のうほう) 膿の袋のこと。その中で歯根の根元に出来たものを歯根嚢胞と言う。
膿瘍(のうよう) 炎症が起こって化膿し、根っこの先に膿が溜まった状態のこと。
虫歯の進行による根っこの感染が原因で引き起こされる歯槽膿瘍と、歯周病が原因で引き起こされる歯周膿瘍などがある。
↑メニューボタンに戻る
  |    |    |    | 
パーシャルデンチャー 自分の歯が1本でも残っているときに、残っている歯にクラスプと呼ばれるバネのような装置を引っ掛けることで固定する部分入れ歯のことで、略してPDとも言う。
パーフォレーション 根管治療の失敗で歯の根っこに穴を空けてしまうこと。
ハイドロキシアパタイト 歯や骨を構成している成分で、リン酸カルシウムで出来ている。
バイト 上下の歯の噛み合わせのこと。または、咬合採得のこと。よく使われる歯科用語の一つ。
歯ぎしり 睡眠中に歯が強く擦れ合ってギギギという音が出る状態(グラインディング)、歯を強く噛みしめたりくいしばること(クレンチング)、歯をすばやくカチカチと鳴らすこと(タッピング)などの総称、ブラキシズムや咬合神経症とも言う。
バキューム 治療時に、口腔内から唾液や、歯を削った細かい粉等を吸い取る治療機器のこと。
破折(はせつ) 外から見えている部分の歯が折れてしまうこと。(歯冠破折:しかんはせつ)または歯の根っこが折れてしまうこと。(歯根破折:しこんはせつ)
破折線(はせつせん) 折れたり割れたりした歯の、割れている線のこと。
8020(はちまるにいまる)運動 自分の歯が、80歳になっても20本残っているようにしようという運動。
抜糸(ばついと) 歯科用語では、(ばっし)とは読まずに、(ばついと)と読みます。歯を抜く抜歯との区別を付けるためで、読み間違いではありません。
抜歯窩(ばっしか) 抜歯した後の、歯のあった部分の傷跡(穴)のこと。
抜歯窩治癒不全(ばっしかちゆふぜん) 抜歯した後の傷跡がきちんと治らずに、ドライソケットなどのように炎症を起こすこと。
抜歯窩再掻爬(ばっしかさいそうは) ドライソケットの治療法のひとつで、抜歯窩の骨を再度削って出血させ、血餅の形成を促すこと。
抜髄 虫歯が歯髄にまで達してしまった場合に、歯髄を取り除く治療のことで、麻酔をして行うため、略して麻抜(まばつ)とも言う。
反対咬合(はんたいこうごう) 歯を噛み合わせた時に、下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態のこと。受け口・下顎前突とも言う。
反対側(はんたいそく) 左右の反対側のこと。
パントモ 口腔内全体を写すレントゲンのこと。

P 歯周病のことで、進行度合いによってP1〜P4と言う。
PMTC プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医師や衛生士が専門的な歯科器具を使用して、歯垢歯石等をきれいに取り除く治療のこと。
P処置 スケーリングの後に、患部を消毒したりする処置のこと。
BT 歯科技工物を作るにあたって、上下の歯の噛み合わせを調べること。咬合採得・バイトとも言う。
PZ 虫歯を削った後に、歯の残った部分の形を整えて、かぶせ物を作るために適した形にすること。
PTC プロフェッショナル・トゥース・クリーニングの略で、特殊なブラシやラバー等の清掃器具を使用して、歯の表面の汚れや色素を落とす処置のこと。
PD パーシャルデンチャーの略で、自分の歯が1本でも残っているときに、残っている歯にクラスプと呼ばれるバネのような装置を引っ掛けることで固定する部分入れ歯のこと。
非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう) 関連痛のように他の場所に原因があるのに歯が痛む症状や、非定型歯痛のように原因がよくわからない歯の痛み、肩や首の筋肉痛が原因の筋・筋膜痛など、歯が原因ではない歯の痛みの総称。
非定型歯痛(ひていけいしつう) 原因不明の歯の痛みのことで、歯を治療しても、抜歯しても痛みが治まらない。いくら検査しても痛みの原因や異常が見つからない状態のこと。突発性歯痛とも言う。

ファイル 根管治療に使う、細い針金のような歯科器具。リーマーとも言う。
ファセット 上の歯と下の歯の噛み合わせで磨耗した面のこと。咬合小面とも言う。
フィクスチャー インプラントの構造のひとつで、手術で顎の骨の中に埋め入れる、チタン製のインプラントの根っこ部分のこと。インプラント体とも言う。
フィステル 進行した虫歯や歯周病などによって歯周組織にたまった膿が、外に流れ出る穴のこと。
複雑窩洞(ふくざつかどう) 虫歯を削った部分が歯の複数面にある状態のこと。
副鼻腔(ふくびくう) 鼻腔(鼻の中の呼気の通り道)に隣接した骨の中にある鐘体状の空洞のことで、前頭洞、篩骨洞、上顎洞、蝶形洞の4つがある。鼻の病気「蓄膿症ちくのうしょう)」は正式には副鼻腔炎と言って、これらの部分に炎症がある状態のことを言う。
不正咬合 噛み合わせが正常ではない状態のこと。
フッ素(ふっそ) 歯の表面のエナメル質を強くして虫歯を予防する成分で、特に乳歯や生えたばかりの永久歯に効果が高い。
部分床義歯(ぶぶんしょうぎし) 自分の歯が1本でも残っているときに、残っている歯にクラスプと呼ばれるバネのような装置を引っ掛けることで固定する部分入れ歯のこと。
プラーク 口腔内細菌が作り出す、虫歯歯周病の原因となる物質のことで、食べかすに含まれる糖類が結合して出来るデキストリン(多糖類)や細菌等のかたまり。歯垢とも言う。
プラークコントロール 正しい歯磨きや食生活の改善等で、プラークの発生を予防すること。
ブラキシズム 歯ぎしりのこと。睡眠中に歯が強く擦れ合ってギギギという音が出る状態(グラインディング)、歯を強く噛みしめたりくいしばること(クレンチング)、歯をすばやくカチカチと鳴らすこと(タッピング)などの総称、咬合神経症とも言う。
ブラケット 矯正治療に使用する、歯とワイヤーを固定させる装置のこと。
フラップオペレーション 通常の治療では改善が見られない場合に、、歯肉をメスで切開し歯根部分をむき出しにして、奥深くに付着した縁下歯石や病気に感染した歯肉を直接除去したり、骨が吸収されてしまった部分をきれいにする歯周病治療で、歯肉剥離掻爬手術(しにくはくりそうはしゅじゅつ)、または略してフラップとも言う。
ブリーチング 歯を削ること無く、薬品を使用して歯の色を白くする治療のこと。ホワイトニングのこと。
ブリッジ 欠損歯の両側の歯を削り、欠損部分の人工歯を繋げて支えるかぶせ物のこと。
Pul(プル) 歯髄炎のこと。虫歯歯髄にまで進行してしまった時の病名で、ズキズキとした激しい自発痛を伴う。症状が激しい場合は麻酔が効かないこともあり、治療中にも激しい痛みを伴う可能性がある。
フルデンチャー 歯が1本も無いときに、入れ歯の床(しょう)の部分が下顎に吸着するように製作される総入れ歯のことで、略してFDとも言う。
プロービング 歯周ポケットの深さを測ること。
プローブ 歯周ポケットの深さを測るための歯科器具。
フロス 歯と歯の隙間に付着した歯垢を取り除くために使う糸楊枝のこと。
分割抜歯 横向きに生えた親知らずを口腔内で折って分割して抜歯する方法のこと。または、下顎の大臼歯の2本ある根っこの片方が折れたり穴があいて状態が悪いが、もう一方の根っこの状態が良い場合に、悪くなった方の根っこだけを分割して抜歯し、半分を残す方法(ヘミセクション)のこと。

ヘミセクション 下顎の大臼歯の2本ある根っこの片方が折れたり穴があいて状態が悪いが、もう一方の根っこの状態が良い場合に、悪くなった方の根っこだけを分割して抜歯し、半分を残す方法のこと。
ペリオ 歯ぐきや歯槽骨等の歯周組織のこと。または歯周治療のこと。
ペリオドン 根管治療に使用する薬品のひとつで、歯髄炎などで痛みの出た神経を失活させる効果がある。
Perico(ペリコ) 正常に生えて来なかった親知らずと、その周囲の歯肉との隙間に汚れや細菌が溜まり、炎症が起きている状態のこと。智歯周囲炎のこと。
Per(ペル) 根尖性歯周炎、歯根膜炎のことで、虫歯の進行が原因で、歯根膜が炎症を起こす病気のこと。

萌出(ほうしゅつ) 歯が生えてくること。
ポーセレン セラミックのことで、主に前歯の治療後のかぶせ物に使われる、保険適用外の瀬戸物のような陶材のこと。保険適用の材料よりも変色し難い。
ホームホワイトニング 漂白剤を塗ったマウスピースを、好きなときに一日数時間装着することによって歯を白くする、家庭で行うホワイトニング。
補強線(ほきょうせん) 入れ歯を補強するために、床に埋め込むワイヤーのこと。
ポケット 歯周ポケットのこと。歯周病の進行によって出来た、歯と歯ぐきの隙間のことで、この深さで歯周病の進行度合いを判断する。また、歯根に付着した歯石や、細菌に侵された歯肉の一部を取り除いて、歯周組織の炎症を改善させる治療を、歯周ポケット掻爬(そうは)と言う。
母子感染 1〜2才位の子供において、母親とのスプーンの共有や口移し等が原因で、虫歯の原因となる菌が感染してしまう事。
保定(ほてい)治療 矯正治療で歯の移動が終わり、装置を外した後に歯並びが元に戻ってしまわないようにする治療のこと。
補綴(ほてつ) 歯を削った部分や欠損部に、詰め物やかぶせ物、入れ歯、インプラント等を入れること。入っているものの事を補綴物(ほてつぶつ)と言う。
ホワイトコート 歯のマニキュアのことで、歯の表面に薄くCRを塗布することで歯を白くする。短時間で白くすることが出来る。
ホワイトニング 漂白剤等を使用して、歯の色を白くする治療方法で、歯科医師の指導を受けて家庭で行う、ホームホワイトニングと、歯科医院で高濃度の薬剤を使い強い光を当てて短時間で作用させるオフィスホワイトニングがある。
ボンディング 歯の隙間や噛み合わせの高さが足りない部分を足して埋める治療
↑メニューボタンに戻る
  |    |    |    | 
マージン 削った歯と詰め物やかぶせ物の接触する部分のこと。
マイクロクラック エナメル質に入った細かなひび割れのことで、主に歯ぎしりが原因と考えられている。肉眼で確認することは難しく、マイクロスコープなどで初めて見える場合もある。虫歯や知覚過敏の原因になるとも言われる。エナメルクラックとも言う。
マイクロスコープ 口腔内を拡大して細部まで見ることの出来る固定式の視覚強化装置のことで、使用することでより精密な治療を行うことができる。映像をモニターに写したり、ビデオや写真として撮影することもできる。
埋伏歯(まいふくし) 歯肉の中に埋まっていて見えない歯のこと。半分または一部分だけ見えている場合は半埋伏と言う。
マウスガード 激しい運動や格闘技をするときに、歯や口腔内を保護して怪我しないように装着する装置のこと。顎関節症の治療や歯ぎしりによって歯や顎に負担がかかるのを防ぐために、睡眠中に口の中に装着するシーネのことも言う。マウスピースとも言う。
マウストレー ホームホワイトニングなどで薬剤を入れて口に装着する、歯にあわせて作ったトレーのこと。
マウスピース 激しい運動や格闘技をするときに、歯や口腔内を保護して怪我しないように装着する装置のこと。顎関節症の治療や歯ぎしりによって歯や顎に負担がかかるのを防ぐために、睡眠中に口の中に装着するシーネのことも言う。マウスガードとも言う。
麻抜(まばつ) 麻酔抜髄の略で、虫歯が歯髄にまで達してしまった場合に、歯髄を取り除く治療のこと。

ミュータンス菌 食物に含まれる糖質を分解して、グルカン(多糖類)と呼ばれる、ねばねばした物質を作る、虫歯の原因となる細菌の一種。生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在せず、母親とのスプーンの共有や口移し等が原因で感染する。

虫歯 ミュータンス菌の作り出した酸が、歯からカルシウムやリン酸を溶かし出すことで、歯が失われていく病気。

メンテナンス 治療を終えた後も、定期的に口腔内の状態を観察し、健康な状態を維持するために、歯垢歯石の除去等を行っていくこと。
メタルボンド 強度を増すためにセラミックの内側に金属を焼き付けてある、保険適用外のかぶせ物のこと。
天然の歯に近い色を出すことができ、陶器のような材質のため保険適用の素材よりも変色し難い。略してメタボンと言うことが多い。
メタルコア 削った部分が多く、詰め物では埋められない場合に、歯の強度を増す為にかぶせ物の下に立てる金属の土台のこと。アバットメントとも言う。
メトコール 根管治療に使用する薬品のひとつで、消毒・鎮痛効果がある。
メンブレン インプラント治療をしたいが骨が足りない場合などに、骨を増やすために行う、GBRGTRに使う膜のこと。コラーゲンで出来ていて骨に吸収されるものと、骨に吸収されないものの2タイプある。

模型 かぶせ物や入れ歯を作るために型取りをして、その型に石膏を入れて歯の位置や形をそのまま再現したもの。
↑メニューボタンに戻る
や  |    |  
ユージノールセメント 歯根治療等に使用される、鎮痛・消炎・殺菌等の作用のある歯科材料。
有床義歯(ゆうしょうぎし) 歯ぐきの粘膜を覆う形に作成された、取り外しの可能な入れ歯のこと。
癒合歯(ゆごうし) 2本の歯が結合して1本になって生えてきた歯のことで、永久歯よりも乳歯に多く見られ、ほとんどが真ん中から3本目までの前歯に起こる。境目が凹んでいる場合は汚れやすく虫歯になりやすい。また、下にある永久歯がの萌出や歯並びに悪影響が出る場合もあるので定期的な経過観察が必要。
指しゃぶり 赤ちゃんが生後4〜5ヶ月くらいで始める、指をくわえてしゃぶる動作のこと。目で見たものと、手や口での感触の繋がりや、自分とその他の自分ではないものの区別を付けるための学習手段なので、無理にやめさせてはいけないが、大きくなってもやめられないと、歯並びに悪影響を及ぼす。
ユニット 歯科診療のときに座る椅子のこと。様々な治療器具が装備されている。

予防歯科 虫歯や歯周病を治療する必要が無いように、なる前に予防するという歯科診療の分野。日本の保険は悪い所の治療にしか効かないため、保険が適用されない。
↑メニューボタンに戻る
  |    |    |    | ろ
ラバーダム 根管治療などのときに、治療する歯の中に唾液が入り込まないように、周囲をゴムの膜で覆う治療方法のこと。
ラミネートベニア 歯の表面を薄く削って付けるセラミックの付け歯のこと。

リーマー 歯根治療に使う、細い針金のような歯科器具。
リコール ハガキや電話などで、定期検診の時期が来た患者や治療を中断している患者に再来院を勧めること。
裏装(りそう) 入れ歯の裏側を新しく裏打ちすること。
リテーナー 矯正治療で歯の移動が終わり、矯正装置を外した後に歯並びが元に戻ってしまわないようにするために使用する保定装置のこと。
リンガル 舌側のこと。

ルートプレーニング 歯根に付着している歯石等を取り除き、再付着を防ぐために歯根の表面を滑らかにすること。

レーザー 光を増幅させて当てることで治療を行う装置、または治療法のこと。様々な種類のレーザーがある。
レジン 虫歯を削った後の詰め物などに使われる白い樹脂の歯科材料。歯頚部や、ごく小さな虫歯に使われる。
レジンコア レジンで作られたコアのこと。
レジン床義歯 床(しょう)がレジン(プラスチック)で作られている保険でできる入れ歯のこと。
連関痛(れんかんつう) 神経を通ってきた痛みの信号を脳が勘違いしてしまうことによって、痛みの原因のある部位とは別の他の部位に痛みが出ること。口腔内でも問題のある歯とは別の歯が痛んだり、内蔵などの異常で歯が痛んだりすることもある。関連痛(かんれんつう)、異所性疼痛(いしょせいとうつう)とも呼ぶ。かき氷でこめかみが痛くなるアイスクリーム頭痛も関連痛のひとつ。

歯科用語募集

このページに掲載の無いもので、詳しい意味を知りたい歯科用語、歯科医院で耳にした気になる歯科用語等がありましたら、当医院へお問合せ下さい。
順次このページに掲載していくと共に、ご希望の方にはメールにてお返事致します。

Coupon 歯磨きグッズが貰える歯科検診クーポンです、詳しくは歯の定期検診ページをご覧下さい。歯磨きグッズが貰える歯科検診クーポンです。詳しくは歯の定期検診ページをご覧下さい。
歯の定期健診
りんご歯科クリニックの予約システム インターネットで予約 携帯で予約 予約方法
りんご歯科クリニック・インプラント専門サイト
歯周病からのインプラント治療ガイド
りんご歯科クリニック 歯科用語辞典
Clinic Information

〒239-0821
神奈川県横須賀市東浦賀1-1-1
ワタナベONE'Sビル3F
TEL:0120-41-8354(携帯からも可)
FAX:046-842-0333

〒239-0821
神奈川県横須賀市東浦賀1-1-1
ワタナベONE'Sビル3F

電車:京急本線 浦賀駅 下車1分
バス:京浜急行バス各種
浦賀駅下車 徒歩1分

more
Mobile Site りんご歯科クリニックの携帯サイトバーコードを携帯電話で読み取るだけで簡単にアクセスできます。
サイトマップ