横須賀市浦賀の歯医者【りんご歯科クリニック】インプラント治療

りんご歯科クリニック

ご予約 0120-41-8354

りんご歯科クリニック

Column

コラム

舌癒着症

舌癒着症という病名をご存知でしょうか。正式名称は「先天性舌癒着症・喉頭蓋・喉頭偏位症」と言いますが、どちらの言葉も、広く世間に広まっているものではありません。

最近では一部でSIDS(乳幼児突然死症候群)や乳幼児虐待との関係も考えられているなど、この病気を問題視して舌小帯の手術を勧める医師グループが存在するのに対して、赤ちゃんや乳幼児の専門医の集まりである日本小児科学会では、この舌癒着症という病気及び、舌小帯の手術の必要性を完全否定しており、この病気に対する考え方は大きく二分しています。

このように全く相反する二つの見解があり、現在でもその論争が続いている状態ですので、必要なときに正しい判断を行えるよう、赤ちゃんや乳幼児を育てる多くのお母さん達に、このような病気に関して様々な意見があるということを知って頂きたいと思います。

※このページは、医療に関する情報ページであり、当医院の診療内容の紹介ではございません。当医院では舌癒着症の手術は行っておりません。舌癒着症手術を勧める医師グループ、手術の必要性を否定している小児科団体、実際に手術を行った経験のあるお母さん達など、様々な文献や情報を参考に製作しております。

 

舌癒着症の症状
りんご歯科クリニック

まずは、新生児・乳児に舌癒着症を原因として、どういった症状が出るのかを見てみましょう。

頭蓋:いびつ・上から見て三角・後頭部が絶壁

毛髪:抜けやすい・薄い・立っている・ぴったりと頭にくっついている

顔 :こめかみ陥没・眉毛が薄い・目の周りがはれぼったい・頬部が下膨れ・眉間にしわが寄っている

口腔:舌背が白く角化している・鳴き声が濁っている・声が低く太い

喉 :声帯ポリープや黄疸がある・咽頭軟化症

皮膚:チアノーゼ・大理石の様な模様・冷たい・唇の色が悪い・顔色が悪い・額が黒っぽい・黄疸が蔓延

胸部:胸部陥凹・腹部が膨らんでいる・おならが多い

手 :冷たい・指を伸ばしたまま、または小指を立てる・指が細い・動きが少ない・物を握ってもすぐに落とす

足 :冷たい・足指が反っている・指が細く足が薄い・立たせてもあまり跳ねない・股関節が硬い・あまり動かさない

生活:コミュニケーションが苦手・抱き癖・鼻づまりの様な呼吸音・あくびが多い・視線が合わない

搾乳:寝てしまう・むせる・おっぱいを突然離す・よく吐く・空気をよく飲み込む・母親の乳房を痛める・母乳が出なくなる・母親の生理が早まる

睡眠:寝付きが悪い・腕の中で眠っても、布団に置くと目を覚ます・眠りが浅い・いびきをかく・呼吸音が荒い・無呼吸になる・急に体を動かしたり、笑ったりする・口をあけて寝る・何かをしゃぶりながらでないと寝ない

泣き方:頻繁に泣く・苦しそう・弱々しい・理由なく泣く・長泣きする・泣いているときに無呼吸になる

その他:硬い鼻くそが溜まる・抱きにくい・脈拍が速い・しゃべりはじめが遅い

舌癒着症の手術を積極的に行っている医師グループは、これらの症状に当てはまるお子さんは非常に多く、100人中95人は手術が必要な状態、更に4人に1人が重傷患者に当たるとの見解を示していますが、日本小児科学会などでは、これらの症状は乳幼児に見られる特徴であり、病気との関連性は無いとしています。

 

舌癒着症の現状

ではなぜ、これだけの症状を引き起こす病気であると言われながら、世間に広まっていかないのでしょうか…。

1994年にノルウェーで行われたSIDS国際学会において、舌癒着症の手術を積極的に行っている医師グループが「日本でSIDSの発生頻度が低いのは、SIDSの主な原因の一つである舌癒着症の乳児を我々が手術して治しているからである。」という発表を行いました。

それに対して、舌癒着症の手術に否定的な日本小児科学会は、「舌小帯短縮症手術調査委員会」という機関を設けて調査を行いました。

その結果「SIDSを予防するために舌癒着症の手術を行うことに正当性は認められなかった」とし、逆にこれらの手術から乳幼児を守るべきだとの見解を示しました。

日本国内における、赤ちゃんや乳幼児の専門医の集まりである日本小児科学会が、この病気に関する手術を行うべきではないとしていることもあり、現状では一部の医師や助産婦が舌癒着症手術を勧めるのみに留まっています。

 

舌癒着症手術の効果
りんご歯科クリニック

それでは実際に手術を受けた患者様の声はどういったものなのかと言いますと、これまた様々な感想が持たれているようです。良い例では、手術をする前とした後ではあきらかに違いが解るくらいに顔色や血色が良くなった。気持ちよさそうに眠るようになった。声色が良くなったなどなど、手術をして本当によかったというものが数多くあります。
良い感想は、成人になってから手術を行った方々からも多く、手術に向かう時は苦労して登った階段が、呼吸が楽になって帰りは悠々と登れたなどという声もあります。

また、乳幼児の舌癒着症の症状は、お母さんに対して非常に大きな精神的ストレスを与えるものであり、そのストレス源が解消されることで、お母さんの育児負担の軽減や、乳幼児虐待の防止にも繋がると言われています。

しかしその一方で、手術後にあまり症状の変化が見られない。手術後に良い変化は現われるものの、別の問題が生じてしまったなどという声も少なくはなく、そういった感想を持つお母さん達の多くは、症状を見てよく考えたうえで結論を出すべきだと考えているようです。

 

最後に

可愛い赤ちゃんに健やかに育って欲しい、それは誰もが願うことだと思います。そして、対応策もなく赤ちゃんの症状に不安を抱えるお母さん方も多いでしょう。

赤ちゃんや乳幼児を育てる多くのお母さん達に、舌癒着症について必要なときに正しい判断を行えるよう、このような様々な考え方を知って頂ければと思います。

pagetop

0120-41-8354