横須賀市浦賀の歯医者【りんご歯科クリニック】インプラント治療

りんご歯科クリニック

ご予約 0120-41-8354

りんご歯科クリニック

Surgery

歯科口腔外科

歯科口腔外科(歯ぎしり、顎・舌・頬粘膜などの怪我・痛み・腫れ)

りんご歯科クリニック

りんご歯科では、顎・舌・唇・上顎洞・頬粘膜など、歯科口腔外科の分野となるお口の中の様々な問題にも対応しております。

顎・舌・唇などのできものや痛み・腫れなどでお困りの時、または怪我をしてしまった時など、何科を受信したら良いか迷ってしまうかも知れませんが、お口の中に関することは「歯科口腔外科」が対応しています。

顎が痛い、大きく口を開けると音がするなど、顎関節症の症状が出ている方。
歯ぎしりが酷い方や、ご家族から歯ぎしりを指摘された方。
噛み合わせに不具合のある方。
舌が痛い方や、舌や頬などにできものが出来た方など、何科を受診したら良いか迷った方、お口の中のことでお困りの方は、横須賀浦賀の歯医者・りんご歯科の歯科口腔外科にお気軽にご相談下さい。

神奈川歯科大学付属病院との連携もございますので、症状が重い方や精密な検査などが必要な方はご紹介も可能です。

歯ぎしり対策のナイトガードや、スポーツマウスガードの製作も行っております。

親知らずの痛み・親知らずの抜歯

りんご歯科クリニック

りんご歯科は、歯科口腔外科にも対応しており、斜めになった半埋伏の親知らずや、横向きになった水平埋伏の親知らずの抜歯が可能です。
通常の親知らずの抜歯はもちろん、半埋伏・水平埋伏の場合でも、ほとんどの場合は当医院の歯科口腔外科で通常の虫歯治療と同じ局所麻酔のみで抜歯をすることが可能です。
(水平埋伏の親知らずの抜歯では、歯科口腔外科の対応となりますので、手術室、CT撮影のご予約が必要です)

親知らずが真っ直ぐ生えずに横向きになった水平埋伏智歯や、斜めを向いて一部分だけ外に出ている半埋伏智歯は、隣の歯の根元が虫歯になったり、汚れがたまってお痛みが出たり、歯並びが悪くなったりする原因になります。

親知らずの抜歯は痛いというイメージが強いですが、麻酔が効いているため治療中の痛みはありません。
埋伏歯の場合は、治療中の痛みはありませんが、歯肉を切開する必要があるので抜歯後にお痛みや腫れなどが出る可能性があります。

特に水平埋伏の親知らずは、そのままでは抜歯をすることができないため、一度歯を分割してから横向きに抜歯します。また、こういった親知らずは骨に隠れている場合もあり、その場合は抜歯後の痛みや腫れが更にひどくなる可能性があります。

どの場合もお痛みが出るのは抜歯後、麻酔が切れてからです。 痛みの度合いや痛みの続く期間は状態によって様々で、真っ直ぐ生えている場合は比較的軽く済みますが、水平埋伏歯、特に骨に隠れている場合などでは、数日から数週間痛みや腫れが続く場合もあります。

親知らずにお悩みのある方、親知らずが腫れてしまった方、他の歯医者で親知らずが抜けないと言われた方、他の歯医者で歯科大の口腔外科を紹介すると言われた方、親知らずの抜歯には全身麻酔が必要と言われた方など、親知らずに関するお悩みは、横須賀浦賀の歯医者、りんご歯科の歯科口腔外科にお気軽にご相談下さい。

※親知らずについて詳しくは、コラム「親知らず」をご覧下さい。

pagetop

0120-41-8354